短時間でエスプレッソが淹れられる。Handpresso hybrid購入レビュー

どうも孤独なウェアウルフこと、こどくんです。

今回は「エスプレッソコーヒーの粉POD」を購入したのでレビューします。

 

 この記事は、朝忙しくてゆっくりエスプレッソを楽しめない人やこれからエスプレッソにはまっている人、始めようとしている人におすすめです。

では、紹介していきます!

 購入のきっかけ

 僕は、10年ほど前に家庭用エスプレッソマシンを購入したのですが、忙しい時などが多く、エスプレッソを楽しむことを忘れてしまっていた(>_<)

 購入当初はエスプレッソにハマっていたんですが、そんなに探求はしていませんでした。また、そんなに研究もしていないのに、「こんなもんだろう」との飽きた感覚があり、いつの間にか止めてしまった(*´ω`)

 それに、経済的にもインスタントコーヒーに比べ、負担が掛かったり、購入がネット通販になったりしてしまうのも面倒なところでした。自分のモチベーションをあげてくれるものだったのに損をしている状態だったんですよね。

 また、淹れるのに手間がかかるので、インスタントコーヒーで勝手に妥協してしまっていました。しかし、昨年からそんなことでスターバックスに行くようになり、エスプレッソの旨みを思い出しました。そして家庭用で簡易ではあるのですが、自宅で研究しなおし、きちんと探求し始めたのがこの商品を買ったきっかけです。

メリット

 エスプレッソの粉は極細挽きなのですが、粉のまま購入し、淹れることもできます。

 しかし、そうすると使った後のエスプレッソマシンの方の手入れや掃除が面倒なので、「カフェポッド」という粉を露紙でパウチしたものを購入しております。マシンの掃除が手軽でとても簡単です。

 粉のままだと、フィルターの付いたハンドルと湯が出るシャワーヘッドがあるのですが、圧縮するときにシャワーヘッドに粉が付き、掃除に手間がかかります。ポッドの場合はその接地面を露紙がカバーしてくれるので、掃除が簡単になります。

 それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、今は手軽さを優先しています。もっと研究をするゆとりがあれば、粉の方を購入して淹れてみたり、豆から挽いてもらったものを購入したり、豆の状態のものを購入し、自分で挽いて淹れてみたりできるかと思います。今はそこまでのこだわりはないので、カフェポッドの使用で留まっています。

デメリット

 家庭用エスプレッソマシンの方は粉の使用よりもカフェポッドの使用のほうが、今では主流になっているように感じます。粉の使用ではシャワーヘッドに粉がついてしまって掃除をし尽くすのに手間がかかります。

 シャワーヘッドは風呂のシャワーのようになっており、小さな穴から湯がでるのですが、この穴が掃除を怠っていると目詰まりし、湯がでにくくなります。エスプレッソの粉は極細挽きなので詰まるようになるのです。

 また、そのようになると湯の出方に偏りができ、「きちんとした粉を通した淹れ方」ができないようにもなります。その点ではカフェポッドの時代であると感じます。肝心なのはマシンの作られ方かも知れませんが、家庭用ではこのような仕様をまだ超えてはいないように感じます。業務用のものは豆ごと入れてマシンが挽き、抽出まで自動となっていますが、家庭に持ち込んで使用はできないので、限界かと思われます。