アトピーを完治するまでにやっていたこと

どうも孤独なウェアウルフこと、こどくんです。

 僕は小さいころからアトピーでした。それも結構重傷で悪い時だと全身まっかっかでおしりも猿みたいになっていました。そんな僕がどうやってアトピーを完治したかを紹介したいと思います。

アトピーの改善方法

 まず始めに言っておくと、アトピーの原因は人それぞれなので僕の紹介する方法を試しても治らない人もいると思います。なので試してみようぐらいに思って見てください。

アトピー完治に必要なのは行動力だと思います。いろんな方法を試してみましょう。

1食事

 食事は少しだけ制限していました。

 なにを制限していたかというと、和食よりの食事をするということです。アトピーの人ならという「もうしてるよ」という人が大半だと思います。でも制限しすぎていませんかということを伝えたいです。

 僕は、パン、パスタ、カップ麺、マーガリン、ショートニング、揚げ物、ポテチ、アイス、チョコ、中華料理ぐらいしか制限はしていませんでした。

 ときどき肉も制限しろとか、那須科の野菜はダメといわれていますがさすがに肉はくいたいやろ!おいしいの体に取り込みたいでしょ!ナス美味しいやんくわせろって思ったんで僕は普通に食べていました。小腹がすいたら干し芋くわえてたあれうますぎる(笑)安心して食べられる唯一の甘いものです。

 そんなことは置いておいて、僕のよく食べている食事を紹介したいと思います。

 朝食:白飯、みそ汁、納豆、漬物、魚(鮭、シラス、)です。みそ汁には、豆腐、わかめを入れています

 昼食:わかめ入りおにぎり、サラダ、フルーツ(平日)十割そば、野菜、フルーツ(休日)

 夕食:白飯、肉or魚、サラダ、食物繊維(ひじき、ゴボウサラダ)みそ汁

 こんな感じの食事をしていました。完治した今現在も続けています。とてもおいしいんですよね馴てしまうと。洋食と中華の味の濃さがきつくなってきて続くというよりは続けてしまうって感じですね。

2保湿

体が乾燥してしまうとかゆくなってしまうし、痛いんですよね皮膚がさらに乾燥していると皮膚に菌が繁殖して生臭い臭いを発します。なので保湿は必須だと思います。

何で保湿すればいいんだという人は馬油をお勧めします。

 

ソンバーユ 無香料 70ml×2個セット

ソンバーユ 無香料 70ml×2個セット

 

 

ただの馬の油なので皮膚に刺激を与えたりもしませんし、ネット上に炎症を抑えると書いてありました(本当かは分かりません)なのでおすすめです。

3ストレス

ストレスがなんだかんだいって一番原因なのかもしれません。職場や学校でのストレスはもちろん食事制限のやりすぎなどもかゆみにつながると考えています。

根拠があって、学校の部活がうまくいっていないときにものすごく痒くなって、1週間学校休んだら痒みが収まったんです。なのでストレスが溜まっているのなら、その原因から逃げるようにしましょう

4爪を切る

これは絶対やるべきですね、爪が長いと皮膚を抉るようになってしまうので、傷の治りが遅くなっていしまいます。

 

これが僕のやってきた対策です。全部できないという人はストレスだけは溜めないようにい意識して生活してみてください。少しは改善するはずです。早く治るように応援しています。頑張ってください。