自動車学校仮免許取得するときに気を付けること

 どうも孤独なウェアウルフこと、こどくんです('ω')ノオスオス

 私は2か月前から自動車学校に通い始めて免許取得の第一関門の仮免試験にぶち当たりました。しかし、勉強していったら普通に合格できました(笑)知り合いがみんな仮免落ちたぁとか言ってたのに案外簡単でした。私が試験で気を付けたことを紹介していきたいと思います。

 

仮免許試験の内容

仮免試験は「実技試験」と「学科試験」の二つを一日に受けます。

 実技試験で落ちてしまうと学科試験は受けられませんし、補修を受講しないといけなくなります。追加料金も取られます。しかも高い。あのおやじどもと恨みたくなります(笑)でも、実技試験に合格して学科に落ちてしまったら、学科試験のみ再試験になります。両方1度に合格しちゃうのが一番いいんですけどね。

 

実技試験での注意点

まず、実技試験は持ち点100からの原点方式でした。試験終了までに70点以上なら合格になります。多分それ以下でも期限とかの都合で合格する人はいます。

次に、採点者が見ているところを挙げます。ドアの開け閉め、運転姿勢、シートベルトの着用、「ミラー、シート、ハンドル」の調整、発進手順、発進の合図、巻き込み確認、幅寄せ、ギアチェンジ、スピード、坂道発進、方向指示の出す場所、標識に従っているか、脱輪、信号、障害物のよけ方、踏切り通過、クランク、停車手順などです。これらを何回もやらなかったり、ミスしたりすると強制終了になります。

さらに、一発で試験中止になる場合があります。その例を挙げていきます。逆行(サイドブレーキを確かめるのに少し下がるのは大丈夫)、エンスト4回、暴走、脱輪(脱輪してバックで戻れば原点のみ、脱輪したまま進むとアウト)、接触(障害物)、信号無視、右側通行などです。これらに気を付けながら検定員に従ってコースを走行しましょう。

 

学科試験の対策

 私は、学科試験の勉強は教本とアプリを使ってやっていました。教科書で覚えつつアプリで問題をたくさん解いていくという感じです。教習所によっては問題を配布してくれるみたいなのでそれを使ってみるのもいいかもしれません。

 学科試験は50問中45問正解すれば合格になります。ちなみに、問題の形式は2択問題です。私は47問で合格でした。自分はあってると思ってるのに外れてるんですよね(笑)特に勉強しておいた方がいいとこは標識とベビーシートとかエアーバッグの設置位置などの細かい部分が2問程度含まれているので勉強していると楽に合格できると思います。

 

 

無駄な時間とお金を使わないように一発合格を目指して頑張ってください。

ではでは、ばーい('ω')ノ